作業員

ベランダを防水すれば自宅を守ることが可能

定期的に施工しましょう

ベランダ

雨水の侵入を防ぎます

ベランダは紫外線や雨の影響を強く受けるため経年劣化が進みやすい部分です。新築当初は十分な防水塗装が施されているためベランダに雨が侵入したとしてもコンクリート内部に水が浸透することはありませんが、年月が経って表面のコーティングが失われるとしだいに内部にまで雨水が浸透するようになります。ベランダの床面に浸透した雨水はコンクリートを中和してしまうほか、内部の鉄筋を腐食させたり屋根裏にまで水が流れて構造材を傷める原因ともなります。そのため家の経年劣化を防ぐためには定期的な防水塗装が大切となるのです。ベランダ部分の排水性が衰えてきたときは外壁塗装業者に相談しましょう。外壁塗装業者に依頼すれば住まいに合った様々な防水塗装を提案してくれます。コンクリートの防水塗装はウレタン工法とFRP工法が一般的です。とくに戸建て住宅の場合にはFRP工法がおすすめとなっています。FRP工法は比較的長持ちするほか価格もリーズナブルとなっているので、ベランダが広い場合でも低料金で施工できるなどコストパフォーマンスに優れています。具体的な施工ではまず古くなった塗装をきれいにはがして下地を出します。そのあとはプライマーを施し防水用ポリエステル樹脂を重ねてゆきます。さらにガラスマットを貼り付けその上に防水用ポリエステル樹脂を再度重ねて防水層を重層的に形成してゆき、最後はトップコートで仕上げです。このFRP工法は施工すれば10年程度は性能を維持してくれるので、風雨にさらされるコンクリートをしっかりと保護することができます。建築からベランダ部分の防水塗装を行っていない方は、家が劣化する前に外壁塗装業者に施工を依頼しましょう。